2018年10月02日

塩谷丸山



sioya11.jpg

sioya10.jpg


お天気がよかったのでひさしぶりに山登りをしました。
札幌から小一時間くらいの塩谷丸山へ。
高い山ではありませんが(標高629m)当然ながらバテバテ・・・
でもこの山のいいところは途中から海が見えてくるのです。
秋の野草やちらちら見える海に元気づけられながら
なんとか頂上へたどりつくと、素晴らしい見晴らし。

遠くには積丹半島が見えて、
反対側には羊蹄山も見えます。

sioya5.jpg



帰りは海に向かって降りていく感じでそれもまたいいです。


sioya4.jpg



タグ:北海道
posted by tomo at 16:16| Comment(0) | その他

2018年08月21日

大沼近辺


お盆前半、大沼近辺へ行ってきました。
訳があって急に決めましたがのんびり観光してきました。大沼公園は初めてでしたがいいところでした。
小さな島がたくさんあってそこを橋で渡ったりできるようになっています。スイレンもきれいですし、湖畔のキャンプ場も気持ちよさそうでした。

onuma4.jpg

onuma2.jpg

↑ 駒ケ岳は上のとんがったところがちょうど雲で見えませんでした。残念!

大沼から函館に行く途中には150年くらい前に植えられた赤松が堂々と並ぶ街道がありました。

onuma7.jpg

アカマツは札幌でも植えられていますが寒さが厳しいと枯れてしまったりするようです。
札幌から函館へ行く道中も、植生が変わっていく様子が明らかにわかるので面白いです。
トドマツが少なくなってスギが現れ、ブナが現れ・・・。
それでもゆったりとした山並みはやはり北海道だなと思います。

onuma5.jpg

onuma6.jpg

↑ 函館末広町にある「工芸舎」さん。古い建物を素敵に使われていました。有機野菜や地元の作家さんの陶器等が置いてありました。函館は古い建物が多いので色々試みられている様子が興味深かったです。あまり観光客向けになってしまっても街として面白くなくなる面もあるし、維持も大変だし、古民家活用というのは難しいと思います。でも函館市民は色々がんばっているなあと思いました。



posted by tomo at 16:53| Comment(0) | その他

2018年06月24日

ミニ菜園



saien.jpg

プランターや鉢の寄せ集めのミニ菜園。
種から育成中のキュウリと芽を出したばかりのレタス類とナスの新芽と、ちょっと育ったキュウリと・・・プチトマトは小さな芽のまま。あまり育ちがよくないのですが、やっと暑くなってきたので元気になってほしいです。

ミニミニ果樹園にはワイルドストロベリーとラズベリー。
ベリー類は涼しいほうがうれしいのかもしれません。

icigo.jpg

kiicigo.jpg

タグ:
posted by tomo at 10:54| Comment(0) | 庭や緑

2018年06月01日

初夏の紅色


toci2.jpg

toci4.jpg

気がつけばもう6月。
早いですねーついこの前雪が解けたと思ったら・・・
ほんとに、北国の春〜夏は駆け足です。

最近札幌の街中はライラックの香りが漂っていましたがそれももう終盤。
上の写真のベニバナトチノキもあちこちで咲いていました。

ナナカマドの花は一瞬で終わってしまったのですが、じつはいい香りがすると
今年初めて気づきました。

hamanasu.jpg

ビルの前の花壇にはハマナスが咲いていました。なんだか紅色の花が多い季節です。
家にもアケボノフウロが可愛らしく咲いています。

agebono.jpg

夏にむけて元気をもらえる色です。
うちの事務所もこれから新しい仕事にとりかかるので
がんばろうと思います〜ぴかぴか(新しい)






タグ:札幌 植物
posted by tomo at 13:31| Comment(0) | 庭や緑

2018年05月22日

見学などについて


夏季の間は色々とありオープンハウス日の設定はできないと思いますが、
ご希望があれば個別に対応させていただきますのでお気軽にご連絡ください。
よろしくお願い致します。


ura1.jpg
浦臼神社にて


posted by tomo at 11:14| Comment(0) | 家づくり

2018年04月28日

明日のオープンハウス時間変更


急ですが、都合により時間を変更させて頂きます。

2018.4.29(日)15:00〜18:00

GW中は上記の時間以外でも、見学やご相談のご希望があればできる限り対応させて頂こうと思いますのでお気軽にお問い合わせください。

どうぞよろしくお願い致します。

posted by tomo at 08:30| Comment(0) | 家づくり

2018年04月17日

4月の見学&相談日


お知らせが遅くなってしまいましたが、4月もオープンハウスやります。
お気軽にお立ち寄りください。

詳しくは下記リンクをご覧ください。
http://kitanokisekkei.com/wp/info/201804/



IMG_6309.JPG

posted by tomo at 22:12| Comment(0) | 家づくり

2018年03月16日

きた住まいる


北海道の「きた住まいる」メンバー登録をしました。

今度から「北の木の家」建築推進業者の要件に「きた住まいるのメンバーであること」というのが加わった為です。きた住まいるが何なのか?すこしわかりにくいのですが・・・このメンバーは北海道の家として必要な性能を備えた住宅をつくる工務店や設計事務所です、ということになります。家を建てる方にとっては家づくりのパートナーを選択するうえで判断材料のひとつにして頂けるといいのではないでしょうか。

また、ラベリングシートで住宅の性能を「見える化」することや家の履歴を保管することも求められます。このきた住まいるのシステムに限らず、家の性能を第三者に評価してもらってわかりやすくするというのは個人住宅でも今後大切になってきそうです。将来、中古住宅として流通させる場合などには特に重要になってくるのでしょう。

北海道の「きた住まいる」サイトはこちら

kitasmile_logo_ol.jpg
posted by tomo at 16:49| Comment(0) | 家づくり

2018年02月24日

浴室のお掃除


浴室は掃除を楽にしたい部分のひとつです。
我が家は二階に浴室があることもあり、ユニットバスです。タイルや板張りの浴室のほうが気持ちがいいし見た目もいいのですが、防水面での安心感、軽量、掃除が楽(だろう)、ローコスト可、という理由からユニットを選択しました。
以前住んでいた家は板張りの壁にタイルの床で、タイル目地の掃除はすこし大変でした。板張りの壁は使用後に毎日ちゃんと換気をしておけばそれほど手間はかからないように思いました。ただどちらの仕上も湿気をためるとカビが発生してしまうので日々の手入れが肝心ですね。日々の心がけができて、一階の風通しのできる位置に浴室を設けられるなら、やっぱり木やタイルの浴室がいいかなと思います。
ユニットバスも使ってみると思っていたよりは掃除が大変でした。
シリーズにもよるのかもしれませんが、我が家の場合は折戸(スペースが許すならドアの方がベター)周り、洗面器を置く棚の下などはかなり掃除しづらいです。
床や壁もなんだかけっこう汚れるのですが(白なので目立つ)なかなか落ちてくれません。酸性の汚れはアルカリ性がいいということで重曹を水で練って塗りつけ、しばらくおいてから流してみたり、浴室用の洗剤やカビキラーも一部は試してみたり、でも画期的にはきれいになりませんでした。
ゲキオチ君でこすってみたらこれが一番きれいになりました。あまりこすると表面が削れてしまうかもしれないのでほどほどに。(マイクロプラスチック問題もあるらしいのでゲキオチ君の使いすぎは気をつけたいと思っていますが、強い洗剤を使うよりはいいかも?)軽い汚れのうちなら歯ブラシでも。

結局お掃除を楽にするには毎日掃除する、というコツでもなんでもないようなことが大事なのかもしれません。。。ちょこちょこ磨くことと換気をすること。
日々に追われているとつい手を抜いてしまいますが、掃除をすると普段使わない筋肉を使って健康にもいいと思うのでできるだけこまめにやりたいなと思う近頃です。


タグ:掃除
posted by tomo at 12:20| Comment(0) | 家づくり

2018年02月09日

針葉樹の床板


todoyuka.JPG

家に仕事場を移してからやっと落ち着いた感じです。
家で過ごす時間が長くなり・・・以前よりは掃除もするようになりましたぴかぴか(新しい)
といっても全くマメでないのであいかわらず掃除機は週末のみ、クイックルワイパーをたまにやるようになったくらいですが。
我が家の床はトドマツの厚さ3cmの無垢板に、新築時にセルフでオスモカラーのクリアオイルを塗りました。それから5年、ほとんどメンテナンスらしきことはしていません。よく見ると傷やへこみや染みや・・・たくさんついています。
これをどこまで「味」と許容できるかはひとそれぞれかもしれません。
でも合板フローリングや色をつけた床板の場合、擦れたところや傷がもっと目立ちやすいので無垢板のクリア塗装というのはじつはとてもメンテナンスは楽なのではないかと思います(放っておくしかないともいえますが)。
事務所として借りていた部屋は木目模様の塩ビシートでしたが静電気なのか埃もつきやすく汚れが今よりも気になる床だったなと思うのです。

以前、群馬で古家を改修したときにカラマツの無垢板にはじめて裸足で触れた時そのさらりとした足触りに感動し、その後スギの無垢板にはさらに感動しました。同じ針葉樹であるトドマツも似ています。柔らかくてさらっとしています。お風呂上りなどにはひときわそう感じられます。
なので、様々な「味」はでますけれど・・・
やっぱり針葉樹無垢板の床仕上げはおすすめです。

※注意点としては、無塗装の木に重曹のお掃除は向かないということでしょうか。
重曹水がかかったままだと黒ずんでしまいます(すぐに拭き取れば大丈夫でした)。

posted by tomo at 13:46| Comment(0) | 家づくり