2019年09月18日

オープンハウス


gaikan.jpg

札幌山鼻の細長い敷地にもうすぐ住宅が竣工します。
お施主さんのご厚意でオープンハウスをさせて頂けることになりました。
北海道のトドマツで作った木組み、カラマツの床板、訓子府の石灰と道産海藻糊のしっくい壁、札幌軟石の土間等、ふんだんに道産材を採り入れています。
また、1階は車椅子対応のバリアフリーとなっています。
見学ご希望の方はお電話又はメールにてご連絡ください。詳細をお知らせ致します。

◆10月6日(日)  10時〜16時
◆連絡先  tel 011-303-6069 mail info@kitanokisekkei.com

posted by tomo at 12:17| Comment(0) | 家づくり

2019年08月19日

オケクラフト


oke.jpg

道東では置戸町のオケクラフトにも立ち寄りました。
町全体で木工に力を入れていてその製品は海外でも人気のようです。
若い人を呼んで技術を教え、その後も町に住んで工房を開いてもらうという取り組みも興味深く感じました。



okw2.jpg

oke3.jpg

木の塊からお椀になるまでの様子が展示してありました。


oke4.jpg

置戸町産のシラカバで作られたお皿

posted by tomo at 10:49| Comment(0) | その他

オホーツクの森


engaru3.JPG


engaru2.JPG

engaru1.JPG


道東の森へ行ってきました。
現地の製材業者さんのご厚意で森や製材の様子を見せて頂きました。
見学した森が急峻でなかったためか、枝打ち等の細かい施業はしていないためか、
なんとなくおおらかな雰囲気でした。針葉樹自体の葉色にもよるのか本州よりも明るい印象です。
少し空地ができるとあっという間に生えてくるシラカバも森を明るくしています。
(植林されたまま放置されているような鬱蒼とした森も北海道のあちこちで見かけますが。)

木は育った場所の環境によって性質が大きく左右されるようです。
こっちの斜面の木はまっすぐだけどあっちの沢の木はねじれているとか中が腐りやすいとか色々見極める眼を持つ人の存在が大切なのだけれど、そういう人はすっかり少なくなってしまったそうです。そして十把一絡げに無垢の製材は使いにくいという認識ばかり広がり、ますます無垢の木を扱える技術は廃れていってしまうという現状があるようです。
これはトドマツに限りませんが、家づくりの現場でも無垢材は反ったり割れたりするので敬遠される傾向があります。

それでも、無垢の木で作る家はとても気持ちのいいものです。
地域材というのはそれぞれに様々な特徴や個性がありますが、
オホーツクの森は暑い季節ながらもなお爽やかで、ここのトドマツ材も色白で清々しいのです。
北海道の林業地では帯広の方はカラマツが多く道東はトドマツが多く植林されたそうです。
バイオマス用のチップや集成材、合板への利用もありますが、
やはりまずはできるだけ元の木に近い姿のままで使いたい、と思います。
これから数十年の間は戦後に植林されたトドマツが伐期を迎えます。
森に感謝の気持ちを持ちながら、
木々を活かせる家づくりをしていきたいと思います。




posted by tomo at 10:36| Comment(0) | 家づくり

2019年07月29日

旭山記念公園


risu.jpg

円山と藻岩山の間にある旭山記念公園は割と近いのでたまに散歩に行きます。
昨日はあまりに近くにリスが登場してびっくりしました。
冬と違って毛がすっきり。

kibitaki.JPG

↑ 少し前に出会ったキビタキ。鳴き声も色もきれいです。


タグ:自然 札幌
posted by tomo at 15:38| Comment(0) | その他

2019年05月29日

エゾタンポポ


ezotanpopo.jpg

近隣の公園のエゾタンポポ。
この公園の99%は西洋タンポポだけれど、ほんの少しだけ在来種が見られるそうです
(交雑したものもあるようです)。

ほっそりとした在来種は地味で可憐。
咲き方も一株に一輪と控えめだけれど、
着実に、逞しく生き延びてほしいです。

ezotanpopo2.jpg



追記

後日、近隣の空き地でエゾタンポポ(多分)を発見。その辺りにはちらほら大きな株が。
思ったより元気に生き延びているのかも。

ezotanpopo3.jpg

追記2  

これはブタナのようです。
失礼しました。
エゾタンポポはやはりそんなに簡単には見つからないようです。







タグ:北海道 植物
posted by tomo at 17:03| Comment(0) | 庭や緑

2019年05月05日

リニューアル


ホームページを一部リニューアルしました。
事務所の体制も春からリニューアル。
札幌の現場も休み明けから本格的に始まります。



mako2.jpg
真駒内公園のカタクリ

mako1.jpg
エンレイソウ


posted by tomo at 22:12| Comment(0) | その他

2019年04月17日

京都御苑


gosho3.jpg

京都御苑には歴史のありそうな大きな木がたくさんありました。
そこで木登りしてる子供達がいたり小さな小川には鴨がいたりと、のどかな感じでした。


御所の建物も「清涼殿」などひと通り見学しました。
桧皮葺が美しかったです。

posted by tomo at 16:24| Comment(0) | その他

2019年04月09日

聴竹居


所用で京都へ。
桜は咲きはじめでまだ肌寒い時期でしたが、北海道にはない風景を味わってきました。

住宅関連では聴竹居が印象的でした。これは藤井厚二という建築家が京都近郊の大山崎に昭和3年に建てた自邸で今は国の重要文化財です。小高い見晴らしのよい場所にとても気持ちよく建てられていました。
昨年の地震と台風では大きな影響があったようです。外壁の左官が落ちたり、周辺の木々(特に桜)がたくさん倒れてしまったとのことでした。外壁の大津壁はほとんどきれいになっていましたが木々にはまだ痛々しさがありました。

cho7.jpg

cho3.jpg

蒸し暑い気候でも気持ちよく住まう工夫が色々ありました。
パッシブ的な仕掛けも試みられていますし、
木造真壁や自然素材仕上も気候風土に相応しいものとして選択されたようです。
伝統の木造真壁に椅子式の生活を意匠的に馴染ませているのも面白いところでした。
また、家族の書斎や小上がり、作りつけのソファやベンチなど現代の住宅にもつながる楽しい要素も盛り込まれていて控えめな雰囲気ながら興味のつきない住宅でした。

cho4.jpg
玄関にはめ込まれたカットガラスからは正面に植えられた椿の花が見えます

cho5.jpg
造りつけベンチのある食堂

こちらから見学の申し込みができます→ 聴竹居








cho2.jpg
駅からの道すがら

cho1.jpg
JR山崎駅は木造でかわいい

posted by tomo at 10:37| Comment(0) | その他

2019年01月16日

今年も木々に感謝して


po3.jpg

初詣のときに通った円山公園にあった古いポプラの木。
開拓後に植えられたとして樹齢120〜130年くらいでしょうか。
がんばって巨木になってほしいです。

ゆっくりゆっくり育つ木々、風景としても大切だし、
生活にも大切な存在。家として、家具として、薪として、etc.
我が家は薪用に広葉樹をひと冬に数本は使わせてもらっていると思います。
どれだけの年月を経てこの熱量が蓄えられてきたかと思うと
決してムダにはできません…

dovre.jpg



そして今年は・・・オホーツクの森へ
トドマツに会いに行きたいです。


posted by tomo at 11:53| Comment(0) | 庭や緑

2018年10月17日

君の椅子


otaru1.jpg

秋晴れの小樽で民家フォーラムというイベントがありました。
(※上の写真はフォーラムとは関係ありません)
私も群馬県にいた頃参加していた「日本民家再生協会」の主催です。

北海道における古民家再生の実例や、先月の地震で被災された厚真町の方のお話(厚真町には古民家が多く残されている)、小樽のまちづくりなど、色々興味深い内容でした。
そして基調講演「君の椅子プロジェクト」のお話は心にぐっとくる感動的なものでした。
(「君の椅子プロジェクト」についての詳細はこちら
東川町ではじまったこのプロジェクトでは毎年、その年に生まれた赤ちゃん全員に手作りの椅子がプレゼントされます。

「君の居場所はここにあるからね」

たくさんの人々の気持ちがいっぱいにつまった椅子はただの椅子ではなく、
子供の心にとても大切な(おそらく将来的にとても大切な)何かの種も一緒に贈られているのだろうな、と思います。


otaru3.jpg

↑時をかさねた椅子と子供達







posted by tomo at 13:38| Comment(0) | 家づくり